情報化施工

トータルステーション(TS)によるTS出来形管理技術

出来形計測作業が迅速・効率化

従来の出来形計測作業

  • (1)巻尺でA~Fの各幅及び法長を計測

  • (2)a~oの各ポイントの高さをレベルで計測

(3)それぞれに計測した(1)、(2)のデータの統合作業を行う。

TSで出来形計測作業が迅速・効率化

トータルステーション(TS)よる出来形計測作業

a~oの各ポイントの3次元座標値をトータルステーション(TS) で取得した3次元座標値から各ポイントの高さ及び幅、法長をその場で自動計算

TS出来形管理とは

従来の巻尺・レベル・セオドライトを使用して行われてきた出来形管理に代わって施工管理データを搭載した トータルステーション(以下TS)を使用して行う出来形管理方法です。 これは、国土交通省で認定された情報化施工の技術の一つであり、平成25年度より国土交通省発注の10,000m3以上の土工を含む工事(河川・道路)において一般化になりました。国土交通省 国土技術政策総合研究所のホームページには次のように有ります。

TSを用いた出来形管理とは

TSの利用により出来形計測は、3次元の座標値として計測することができるようになり、施工管理・監督検査に計測した 施工管理データを用いることが可能となった。これにより現場においては、TSの画面上で計測対象物の出来形形状と設計形状との違いを把握することが容易となり、 さらに出来形帳票や出来形図がパソコンにより自動作成することを可能としている。このTSは、出来形管理のみでなく起工測量や丁張り設置にも利用することが可能で、 施工管理業務全般の効率化と丁張り計算等の省力化・ミス防止等が期待できる。そして、発注者は、完成検査の省力化と出来形管理で計測した3次元座標値を維持管理で 活用することができる。http://www.nilim.go.jp/TS/desc.html

このTS出来形管理方法により次のような効果を得ることが期待されます

(1)計測作業の迅速化・効率化

従来の実施方法は、巻尺やレベル、セオドライト等様々な用具・装置を用いて距離・高さ・方向などをそれぞれに計測してデータを最終的に統合していたため、計測準備や計測とともにその各種データの統合作業・計算に多くの時間・手間を費やしていました。トータルステーションを用いることで、距離・ 高さ・方向が同時にかつ瞬時に計測できます。また3次元の座標値としての計測ですので、出来形形状と設計形状の差分確認が容易にできます。

(2)帳票作成の迅速化・効率化

(1)により計算したデータを用いて資料を作成するため、煩雑な手書き・ 手入力作業を省くことができ、ミスの生じる可能性を減らすことができます。 施工管理データを搭載したトータルステーションを利用することで、自動記録された計測データをパソコンに入力するだけで、 出来形管理資料が自動作成されるので、ミスをなくして効率化を図ることができます。

(3)品質確保、検査の効率化

施工管理データを搭載したトータルステーションを利用することで、測定に要する時間を現状より少なくすることができるので、 逆に確認のための測定の回数を増やすことが可能となり、品質の確保、検査確認が効率化できます。

ニコン・トリンブルのTS出来形管理ソフト

建設施工支援ソフトウェア LANDRiV®

建設施工支援ソフトウェア LANDRiV®

NETIS登録番号:CB-100052
「出来形管理用トータルステーション機能要求仕様書」対応。
豊富なアプリケーションソフトを標準搭載、簡単操作の施工支援ソフトウェア

  • 操作設定で迷わない大きなアイコンボタン
  • 操作設定で迷わない大きなアイコンボタン
  • 操作手順をわかりやすくガイドする便利なナビウインドウ機能
  • マップ表示で誘導の効率アップ
  • 豊富なアプリケーション(基本観測、横断観測、杭入れ、丁張設置、中心線計算、交点計算など)を標準搭載
  • 3つのバージョンをご用意しています。

LANDRiV for Nivo:Nivo Hシリーズに標準搭載
LANDRiV for Trimble T41:Nikonトータルステーション用
LANDRiV for SPS:Trimble SPSトータルステーション用

株式会社NTJジオテックス
測量機・関連商品の販売に関するお問い合わせ・ご質問はお気軽に弊社までお問い合わせください!
お問い合わせフォーム
TEL.06-6831-2811
FAX.06-6831-2822